マナラホットクレンジングゲルはなぜ肌にやさしい?成分を徹底調査!

マナラホットクレンジングゲルは『お肌に優しいクレンジング』です。

 

90%以上が美容成分でできていることはもちろんですが、肌にとって嬉しい理由は他にもあるようです。

 

その一つは、肌への刺激となる余計なものは入れず、『7つの成分が無添加』で、安心だということです。

 

 

マナラホットクレンジングゲルの美容液成分

 

公式サイトで特に推されている美容成分がこちら

 

クレンジング後のうるおいUP

セラミド、ローヤルゼリーエキス、ヒアルロン酸、スクワラン、ハチミツ、ポリグルタミン酸

 

ふっくら弾力肌に導くコラーゲンサポート

スーパーマイクロコラーゲン、ダイズ種子エキス、ザクロ果実エキス、プエラリアミリフィカ根エキス、メマツヨイグサ種子エキス、セイヨウトチノキ種子エキス

 

透明感ある美肌に

チャ葉エキス、ハイドロキノン誘導体、ユズ果実エキス、発酵ローズハチミツ

 

 

クレンジングなのに、合成界面活性剤が含まれていない

 

肌への優しさにこだわりをもって、スキンケア商品を選ぶとき、『石油系合成界面活性剤』が、配合されているかどうかが気になる方も多いと思います。

 

合成界面活性剤と聞くとまるで洗剤みたいですが、クレンジングには合成界面活性剤が含まれているものが多いです。(洗剤に含まれているものと同じです)

 

合成界面活性剤には、泡立ちをよくする、汚れを落としやすくする、水と油を混ざりやすくするなどの役割があります。

 

洗浄力が高いので、メイクを落とすためにはとても良い働きをするのですが、強過ぎる洗浄力は肌への刺激も強くなります。

 

クレンジングで肌荒れを起こしたことのある方も多いようです。もしかして、それは『界面活性剤』が肌に合っていない種類だからかもしれません。

 

 

マナラホットクレンジングゲルに含まれている界面活性剤とは?

 

マナラホットクレンジングゲルの成分表示を見ると、『植物性界面活性剤』と表記されています。

 

「界面活性剤が入ってる?!大丈夫??」と、思ってしまいがちですが、マナラホットクレンジングゲルに使用されている界面活性剤は植物性であり、『脂肪酸の非イオン性界面活性剤』です。

 

界面活性剤については色々な見方がありますが、マナラホットクレンジングゲルには肌に優しい界面活性剤が使用されていると言えそうです。

 

ちなみに、マナラホットクレンジングゲルに含まれている界面活性剤の詳細は以下になります。

 

  • (ベヘン酸/エイコサン二酸)ポリグリセリル−10
  • (ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル 
  • ステアリン酸グリセリル(SE)
  • ラウリン酸ポリグリセリルー10

 

聞き慣れない成分名が続きますが、すべて石油系の界面活性剤ではありません

 

また、肌に優しいかどうかは石油由来か植物由来かではなく、脂肪酸の非イオン性界面活性剤かどうかを基準にする見方もあります。

 

どちらにしてもマナラホットクレンジングゲルは、界面活性剤は配合されているけど、肌へのダメージが少ない界面活性剤を使用したクレンジングと言えるようです。

 

 

関連記事

マナラクレンジングゲルの口コミ!効果や悪いところも全部書きます